大腸の内視鏡アドバイザー

現代人に大腸の病気が増えています

大腸内視鏡の必要性と種類

大腸内視鏡とひとくちに言っても、さまざまな種類があるのをご存知でしょうか。CCDを先端に取り付けて検査を行う電子スコープタイプのものや、小型カメラを内蔵したカプセルを飲み込むことで、これまで不可能とされていた小腸なども詳しく検査することができるようになったカプセル内視鏡、また、胃カメラと同様に屈曲が自由自在なファイバーを肛門より挿入し、直腸から盲腸までのすべての大腸を細かく検査することができるファイバースコープなどがあります。ファイバースコープは、日本国内では主流の検査方法となっており、定期的に検査を受けることで、大腸がんやポリープなどの早期発見、早期治療に繋がっていくとされています。実際に人間ドッグや健康診断での検査などで、病変などが発見されたというケースが多く、現在の医学では、内視鏡検査が最も精度の高い検査方法とされています。

大腸の状態は、内視鏡で調べてみよう

年齢が30歳を越えると、一年に一回は健康診断を受ける必要があります。病気は、早期発見で大病を防げるため、定期的な検査をオススメします。中でも、胃、大腸、肝臓などの内臓は、不調を感じやすい部位です。また、レントゲンだけでは、奥深く潜んでいる病原菌が見つかり難いケースもあります。そこで、体内で活躍してくれる機器が内視鏡になります。大腸などは、内視鏡で調べないと内部の状態が分からないと言えます。ガン、潰瘍、傷など小さな病原菌は、この機器を使う事で発見しやすくなります。内視鏡を体内に入れるのは、抵抗を感じますが、慣れると平気になります。カメラで映像を見ながら、医師と現在の状態を確認していきます。目で確認出来ない出血も、見つける事が可能なので受診する人が増えています。また、大腸にできたポリープも切除器具を使って取り除く事が行えます。

大腸を診るには内視鏡検査が一番

大腸は目に見えない部位となっていることから、診るには内視鏡検査を行なうことが一番です。しかSi、多くの人は恥ずかしさから抵抗感があると言われています。それによって、重篤な病気を放置してしまうことも少なくありません。特に大腸がんは悪化してから気付くということが多くなっています。会社の健康診断や自治体で行われている健康診断などを活用して、きちんと検査を受けることが大事です。場合によっては、検便だけである程度のことを知ることも可能です。腹痛が続いたり、便秘や下痢が続いたりしているという場合などには、内視鏡検査がお勧めです。炎症が起きていたり、腫瘍ができていたりすると、すぐに発見することができます。治療も早期治療に繋がりやすいことから、特に症状がなくても、定期的に健診を受けることをお勧めします。会社の健康診断でも項目に設けられていることがあります。

当院は東急田園都市線たまプラーザ駅が最寄り駅です。 ターゲット層は胃腸の具合が悪い方を対象としており、世界最高水準の苦しくない検査で診察をしている病院です。 大腸内検査ができる対象エリアについて、横浜市やその近隣の市町村などを中心に受診してもらうことができます。 私たちのクリニックのサービス概要は胃や大腸の検査で、苦しさや痛さを感じずに検査を受けることができる検査を取り入れています。 大腸内視鏡の日帰り手術を行っております