安心して大腸の内視鏡検査を任せられる医師を

大腸がんが増加傾向にある現代社会においては、確実に検査を行える医師が必要です。けれど、大腸がんが増えてきたのは最近のことであるために、確実な腕を持って検査に当たれる医師が少ないという現実もあります。そのため、がんの早期発見にもっとも効果的とされる内視鏡検査も、優れた技術を持っている医師かどうかを見極めることが先に重要になってきます。専門医として標榜しているなら、検査技術の進歩から言ってほとんど苦痛を感じることがありません。これまでは腸管に内視鏡を押し込むようにして入れていましたが、最新の検査においては腸を引き延ばしてまっすぐにした状態で内視鏡を推し進めていきますので、少しくすぐったい程度の感じしかしないからです。ただし、それも確かな腕を持った医師が行えばということですので、くれぐれも事前の情報収集が不可欠です。

大腸内視鏡検査について書きます

お腹の痛みで悩んでいる人がいたら一度大腸内視鏡検査を受けてみるといいでしょう。大腸の中の状態を確認することができます。お腹の痛みの原因は大腸の炎症かもしれませんよ。この検査は30分もあれば終わります。難しい検査ではないので気楽に受けてみましょう。検査に向けて、数日前からお腹に消化の良い食べ物を食べるようにするといいでしょう。前日はおかゆぐらいにしておいたほうがいいでしょう。マヨネーズやマーガリンなど、脂っこいものを摂取することは避けた方が無難です。あとゴマやイチゴの種は検査をする上で見にくくなって邪魔になります。これらも摂取しないほうがいいでしょう。前日の夜は21時以降は絶食しなければなりません。お腹がすいて辛いでしょうが、ここは頑張って我慢しましょう。前日の就寝前に下剤も飲まなければいけません。

大腸の内視鏡検査を受ける

定期健診で大腸の内視鏡を受ける時には不安のある人も多いです。検便などで異常が見られた時にも検査を行います。非常に詳しい検査となりますので、定期的に検査を受ける人もいます。身内に大腸がんの人がいる場合などは積極的に検査を受けておくと安心です。早期発見する事で完治が見込めます。検査を受ける際には、専門医を訪れる事をおすすめします。専門医であれば小さな病変も見落としません。検査はそれなりに苦痛を伴う検査になりますので、小さな病変を見落とさないベテラン医師がいる病院で検査を受ける事をおすすめします。検査は予約が必要になる場合が多いです。健康診断で利用する場合は、事前に電話で問い合わせをしてから予約をするとスムーズです。費用は病院によって若干異なります。また検査のための注意点なども事前に聞いておくと安心です。

Comments are closed.