大腸の内視鏡アドバイザー

現代人に大腸の病気が増えています

内視鏡検査による大腸癌の健診

近年、早期癌発見の生存率を掲げ、国が癌健診を推進する様相を呈しています。国による癌の警鐘はさぞかし効果があると考えます。癌は様々な箇所に発現しますが、大腸癌もその一つで、特に男性に多いようです。癌の早期発見は、早期治療につながり、ステージが進行していない状態での手術となり、生存率が高まります。例えば、胃の検査は内視鏡を用いて行い、経鼻と経口があり、どちらもかなり苦しい想いをします。しかし、バリウムを飲み、下剤でバリウムを外に排出するよりはマシに感じています。大腸の検査もまた、内視鏡で可能ですが、これも違った苦しみがあります。検査の苦しみは短時間なので、願わくば毎年検査しておきたいです。内視鏡は苦しい印象ですが、癌を初めとする様々な病気を発見してくれる優れものと感じるようになった今日此の頃です。

大腸内視鏡検査を検討している方へ

職場での定期的な健康診断や人間ドックなどで大腸になにかしらの異常があれば大腸の内視鏡検査を受けることになるでしょう。大腸のガンなどを早期発見するためもあるのですが、どのようなものか分からない方や怖いと思っている方も多いのではないでしょうか。内視鏡検査の準備は前日から始まります。大腸内にあるものを全て出す必要がありますので、前日から効果の強い下剤をたくさん飲むことになります。それで中にあるものを全てだしていくことになります。当日にも下剤があります。全ての物を出していないとしっかりとした検査が出来ないので、とても重要な過程となっています。そして当日はスコープのついた管を挿入して内部がどのような感じなのか見ていくというような流れになっています。麻酔剤も塗ってくれるのでたいした痛みはないと考えてもらって大丈夫です。拒否したい気持ちがある方もいるでしょうが、自分の体の方が大事なので、必要と言われたからはしっかりと受けるようにしてください。

大腸の内視鏡検査を受ける

日本人の死因の上位にランクインをしているのが大腸がんだと言われています。食生活の欧米化も大きな影響を与えています。大腸の検査をする際に内視鏡を使うことが多いです。もしも病変が見つかった場合にはその場で細胞を採取し、検査をすることができます。その病変が一体どのようなものなのか、ということをすぐにでも確認をすることが出来るようになっているのも便利な点です。実際に自分でも状態をリアルタイムでチェックをすることが出来るようになっているのも助かります。医師がチェックをするだけではなく、自分でも状況を確認しながら検査を受けることが出来るようになっているので、それだけでも安心感があります。検査の際の痛みもそんなには強くないので、不安を感じることもなく、受けることが出来るようになっているのもメリットの1つです。